HOME > 製品案内 > 医療関連

医療関連

「弾性体微細加工技術」が活かされています


血管内治療を大きく進歩させた、当社のスパイラルカテーテルやステント技術。最新の医療現場においても当社の「弾性体微細加工技術」が活かされています。


高齢化社会においては、患者の体力が低下した場合にも可能な、「患者に優しい」治療方法が求められております。そのためには手術を必要としないカテーテルを用いた血管内治療や内視鏡下での手技が今後のトレンドとなっていきます。


スパイラルカテーテル

当社が開発したスパイラルカテーテルの先端には、螺旋形状にした形状記憶合金が装着されており,患部の近くに留置してもずれることがないため,患部だけを狙って抗癌剤等の強い薬剤を投与出来ることが特徴です。

また、スパイラルカテーテルには当社が独自に開発したコーティング技術が利用されているため、生理食塩水や血液に触れると優れた滑り性を発揮し患部まで容易に到達でき,さらに血液中では抗血栓性を発揮します。また当社のコーティングは工業的に合成された原料を使用しており,生物由来の感染症(狂牛病,各種ウイルス)の惧れはなく安全に使用していただけます。

スパイラルカテーテル


ステント

ステントは、血管や気管・消化管等が癌などで狭窄(きょうさく)した部分を押し広げることで,血液や空気及び消化液等の流れを改善する体内留置器具です。
当社のステントは形状記憶合金を微細加工し,それを内視鏡等を使用して患部まで届けることが出来るデリバリーシステムに組み付けた状態で医師に供給致します。

ステント


当社は、上記のようにカテーテルやステントなどの医療用器具を、医科系大学や医療機関と共に製品開発を進めています。ステンレスや形状記憶合金(Ni-Ti)、合成樹脂など、自動車用部品と同様の厳選した素材を使って医療製品を製造販売しています。

医療関連の詳細につきましては、株式会社パイオラックスメディカルデバイスのホームページをご参照ください。


ホームページはこちら
パイオラックスメディカルデバイス